会社紹介

セントポーリア・クイーンカランコエ『生産量日本一』
確かな信頼と技術で、心豊かな花のある暮らしを応援します。

ごあいさつ
 ロイヤルグリーンでは、昭和58年の設立から今日までセントポーリアを主品目とし栽培を続けてきました。その長年培ってきた経験と技術によって今ではセントポーリアの年間生産量50万鉢になり、日本一の生産量を誇ります。
また、バラ咲きが素敵なクイーン ローズフラワーに関しても、生産量日本一を誇ります。
可憐に咲く花々を多くの皆様にお届けするためには、その花にあった管理の徹底が不可欠です。
 管理には、土壌・日光・水・温度・湿度・などなど様々なノウハウを用いて、細部まで徹底した管理を行い、健康で長持ちする力強い花を育てます。
 今後もお客様との信頼関係を大切にし、ニーズに合う質の良い商品を提供できるように努めてまいります。


生産鉢花写真



沿革・概要


沿革
昭和58年11月 福田 誠・嶺木 誠・他にて農事組合法人ロイヤルグリーン設立
昭和59年3月 国の事業により、温室団地完成 総事業費 1億5千万円
(ガラス温室 主団地 3,705u・副団地 2,149u)
昭和59年4月 ロイヤルグリーンにてセントポーリアの生産開始
昭和60年3月 岐阜県花き品評会にてセントポーリア農林水産大臣賞受賞
昭和62年8月 アクリルハウス 2,790u・増設
昭和63年7月 ビニールハウス 2,016u・増設(カランコエ生産開始)
平成2年2月 第39回関東東海花の展覧会 カランコエ金賞受賞
平成3年7月 副団地 クーリングシステム設備導入
皇室より紀宮様御来園
平成4年7月 主団地 クーリングシステム設備導入
平成6年11月 スプレーマム生産開始
平成7年3月 カランコエ専用施設完成 2,700u
平成8年 クイーンカランコエの国内最大ライセンス生産開始
平成10年 ガーベラ・ポインセチア生産開始
平成12年 カランコエハウス増設 1,900u
概要
社名 農業組合法人 ロイヤルグリーン
創業 昭和48年4月
会社設立 昭和58年11月
所在地 岐阜県本巣市上真桑170
事業内容 鉢花生産販売(セントポーリア・カランコエ・ガーベラ・ポインセチア・スプレーマム・その他)
敷地面積 15,227u
代表者 代表理事 福田 誠
従業員 30名(パートタイマー含む)
取引先 花市場(全国中央・地方卸売60市場)
大手園芸専門店から量販・一般小売店まで70社

会社情報(アクセス)



ロイヤルグリーン