シダ (Vitro Plus社)取り扱い品種リスト






オランダのビトロプラス社にて、
世界最先端技術で育種された優良な品種を大切に育て上げました。
生育旺盛で数多くの品種があります。

シダ類の多くには、空気清浄効果があります。
NASAの実験からは、
特に有害物質ホルムアルデヒドの除去効果が高いと言われており、
部屋の空気環境を良くするエコ・プランツとしてもオススメです。


アリアン コルディタス ダッフィー
ARIAN【アリアン】

良成長、タフ、ダークグリーン!
 
葉の損失がなく、典型的なボストンの成長特性をもっています(水平方向の葉)、非常に強くて幅広いポットサイズに適しています。
CORDITAS【コルディタス】

このシダは速くて均一に栽培ができます。
丈夫で直立した葉の茎は互いに接近していて、濃くて濃い緑色の葉で密に覆われています。

「コルディタス」は「フラッフィー ラッフルズ」によく似ていますが、細かい葉、やや遅い成長特性があり、小さいポットサイズに適しています。
DUFFII【ダッフィー】

独特の外観を持つ、密に覆われたコンパクトなシダです。
また、大きな利点の1つは、暖かく乾燥した環境に対する耐性です。
エメラルドクイーン エミナ ラッフルズ
EMERALD QUEEN【エメラルド クイーン】

葉の色は、高光量でも美しい濃い緑色のままです。 ヨーロッパでは、これは主にスペインなどの国で使用されています。
エメラルドクイーンは、米国の生産数をボストンファーンのタイプと比較すると、2番目に優れている品種になります。
それは通常全天候型で成長し、南フロリダの造園でその汎用性を証明した非常に強いタマシダ属です。
EMINA【エミーナ】

この品種はコンパクトで直立した非常に強い葉を持っています。 遅い成長特性は、小さい鉢サイズに非常に適しています。 葉は濃い緑色で微妙に丸まっています。
FLUFFY RUFFLES
【フラッフィー ラッフルズ】


家具販売で有名なIKEA様が、このふわふわのラッフルを発見し、ヨーロッパ全土で美しい陶器を使ってこのシダをシャープに宣伝してくれています。
黄色くならずに葉をかろうじて落とさないこの強いシダは、リビングルームに非常に適しています。
マチョ マリサ モンタナ
MACHO【マチョ】

マッチョ(マチョ)という名前は このシダのタフで頑丈な性格を宣言しています。
湿った条件や沿岸地域で育てることができる非常に強い品種です。
MARISA【マリサ】

レースのような葉で、非常にコンパクトな品種になります。
ハンギングにオススメの品種になります。
MONTANA【モンタナ】

「モンタナ」は、生産者と消費者の両方に人気があります。
それは魅力的な深緑色の葉とコンパクトなラインが理由です。
また、この品種は私たちの一般的なボストン品種より30%ゆっくり成長しますが、非常に均一に育ちます。
ネバダ ポンポン シルバーレディー
NEVADA【ネバダ】

品種改良されたボストンシダになります。
特により大きいポットのサイズで使用されると良い。
要するに、このシダはより良く!より速く!そして、より強いです!
POMPOM【ポンポン】

この美しいシダはチアリーダーのポンポンのように成長します!
SILVERLADY【シルバーレディ】

組織培養された、シシガシラ科ヒリュウシダ属の常緑シダ類(矮性シダ)の素晴らしいセレクションです。
美しさと対象的に、薄緑色の手のひらのような葉はとてもユニークです。
ソードファーン タイガー
 
SWORD FERN【ソード ファーン】

風景や明るいインテリアの景観に利用されています。 触ってみると、葉は丈夫で革のようであり、適切に栄養を与えられると、葉は非常に魅力的な森林の緑になります。
(カットの葉物素材として利用されることもある) 葉は厚く多く成長し、そして非常にわかりやすい直立(刀のように)に成長する特性をもちます。
TIGER【タイガー】

このシダは葉は、トラのシマのように多彩なマーブル柄で飾られていて、信じられないほどの美しさです。
 
 
Vitro Plus社(種苗メーカー)オフィシャルWEBサイト



兼弥産業株式会社様 (Vito Plus日本代理店)



栽培情報

●管理場所
・インドアの場合
 窓際の明るい場所で管理するのが理想です。
 耐陰性もありますので、キッチンやリビングなどお部屋の中でも楽しめます。
・アウトドアの場合
 軒下の環境が望ましいです。
 寒さに強い品種もあり越冬もできます。
 葉が枯れこむこともありますが、根が生きていれば翌春には新芽が元気に吹き出してきます。
(※8℃以下、凍結の恐れがある環境は避けてください)

●水管理
夏場は毎日たっぷり水をあげます。
タマシダ系は冬でも土の表面が乾いたら水をたっぷりあげてください。
乾燥時には、昼間の直射日光・高温期を避けて霧吹きで葉水を与えてください。

●植替え
株が大きくなり、鉢底の根がいっぱいになりましたら、4月〜6月の間に一回り大きな鉢に植替えをオススメします。さらにシダが迫力をましてくれます。




○生産元
  農事組合法人 ロイヤルグリーン

クイーンカランコエ、セントポーリアなどの
室内鉢花を生産し、全国に販売しております。
あなたに「心豊かに花のある暮らし」を提案いたします




ロイヤルグリーン
ウェブサイトへ




Copyright(C)2010-2019 Royalgreen All rights reserved.
このホームページに掲載されている、記事・写真・図表などの無断転載、無断複製を禁じます。